​お直しの例

過去におこなったお直しの例です。クリックすると拡大します。

修理費用と期間の目安はこちらをご参照ください。

欠けとヒビ 金仕上げ
欠けとヒビ 金仕上げ

急須のヒビと欠けを金継ぎ。修理期間は3ヶ月。(2022年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

ヴェネツィアングラスの杯、2つに割れた状態を金継ぎ。修理期間は4ヶ月。(2021年修理品)

press to zoom
ヒビ 金仕上げ
ヒビ 金仕上げ

底近くに入ったヒビを金継ぎ。修理期間は2ヶ月。(2021年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

湯呑み茶碗の割れを金継ぎ。修理期間は3ヶ月。(2020年修理品)

press to zoom
欠けとヒビ 金仕上げ
欠けとヒビ 金仕上げ

欠けとヒビを金継ぎ。金属らしい光沢の出る金丸粉(きんまるふん)を使用。(2019年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

ウェッジウッドのソーサー、7片に割れた状態を金継ぎ。修理期間は4ヶ月。(2019年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

陶製ブローチの割れを金継ぎ。マットな質感の金消粉(きんけしふん)仕上げ。(2016年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

粉引飯碗の割れを金継ぎしました。修理期間は4ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom
欠け 金仕上げ
欠け 金仕上げ

ウェッジウッドのマグカップ、幅1.5cmの欠けを金継ぎ。修理期間は2ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom
欠け 金仕上げ
欠け 金仕上げ

ウェッジウッドのコーヒーカップ、それぞれ欠け1ヶ所を金継ぎ。修理期間は2ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom
欠け 金仕上げ(備前焼き)
欠け 金仕上げ(備前焼き)

飯碗の欠けを金継ぎ。修理期間は2ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

赤楽抹茶茶碗の割れを金継ぎ。接着剤で処理された破片を剥がし、再度漆で接着。修理期間は4ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom
欠け 金仕上げ
欠け 金仕上げ

縁にできた2ヶ所の欠けを金継ぎ。期間は約2ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom
割れ 金仕上げ
割れ 金仕上げ

唐津焼の徳利、口の割れを金継ぎ。修理期間は3ヶ月。(2015年修理品)

press to zoom
欠け 金仕上げ
欠け 金仕上げ

幅2cmほどの欠けを金継ぎ。しっとりとした光沢のある金消粉(きんけしふん)仕上げ。修理期間は1ヶ月半。(2016年修理品)

press to zoom
急須の欠け 金仕上げ
急須の欠け 金仕上げ

注ぎ口部分の欠けを金継ぎ。修理期間は2ヶ月。(2015年修理品)

press to zoom
割れと欠け 錫仕上げ
割れと欠け 錫仕上げ

バカラのグラス、破片1つと5mmほどの欠けを修理。仕上げは錫。修理期間は3ヶ月。(2021年修理品)

press to zoom
割れ 燻し銀仕上げ
割れ 燻し銀仕上げ

桃山時代の黒織部抹茶茶碗、6片に割れた状態を修復。銀粉を蒔いた後、燻し液で黒みがかった風合いに仕上げています。修理期間は約6ヶ月。(2021年修理品)

press to zoom
割れ 銀仕上げ
割れ 銀仕上げ

切子のグラス、底から2つに割れた状態を銀継ぎ。修理期間は4ヶ月。(2021年修理品)

press to zoom
欠けとヒビ 錫仕上げ
欠けとヒビ 錫仕上げ

幅1cmほどの欠けとヒビを修理。仕上げは錫。修理期間は3ヶ月。(2020年修理品)

press to zoom
欠け 銀仕上げ
欠け 銀仕上げ

直径3cmの欠けを銀継ぎ。修理期間は約2ヶ月。(2020年修理品)

press to zoom
欠け 銀仕上げ
欠け 銀仕上げ

萩焼の抹茶茶碗、3ヶ所の欠けを銀継ぎしました。修理期間は2ヶ月。( 2018年修理品)

press to zoom
欠け 蒔絵直し(錫)
欠け 蒔絵直し(錫)

直径2cmほどの欠けを継ぎました。もともとの「蝦(エビ)」の印字に合わせて蒔絵をほどこしています。錫仕上げ。修理期間は3ヶ月。(2017年修理品)

press to zoom
欠け 漆仕上げ(ベージュ)
欠け 漆仕上げ(ベージュ)

お湯呑みの欠けを漆継ぎ。仕上げは白漆(しろうるし)。茶色がかった半透明の漆に白い顔料を混ぜて作られるため、発色は真っ白ではなくベージュに近いです。修理期間は3ヶ月。(2022年修理品)

press to zoom
割れ 漆仕上げ(白・緑グラデーション)
割れ 漆仕上げ(白・緑グラデーション)

小物入れの蓋、4片に割れた状態を修理。仕上げにベージュと緑の漆を塗り重ね、もともとの色合いに近い仕上げに。修理期間は3ヶ月。(2019年修理品)

press to zoom
割れ 漆仕上げ(グラデーション)
割れ 漆仕上げ(グラデーション)

急須の注ぎ口の割れを漆継ぎ。ベージュと緑の漆でグラデーションを出しています。修理期間は3ヶ月。(2019年修理品)

press to zoom
欠け 漆仕上げ(赤)
欠け 漆仕上げ(赤)

直径6mmほどの欠けを漆う継ぎ。修理期間は1ヶ月。(2018年修理品)

press to zoom
欠け 漆仕上げ(藍)
欠け 漆仕上げ(藍)

直径8mmほどの欠け、藍の漆で仕上げ。修理期間は1ヶ月。(2018年修理品)

press to zoom
割れ 漆仕上げ(黄)
割れ 漆仕上げ(黄)

4片に割れたオーバル皿、黄の漆で仕上げ。修理期間は4ヶ月。小泊良さんの作品です。(2018年修理品)

press to zoom
欠け 漆仕上げ
欠け 漆仕上げ

幅4cmの欠けを漆継ぎ。漆を研ぎ、土らしいざらりとした質感に仕上げました。修理期間は4ヶ月。(2016年修理品)

press to zoom