Copyright (C) 2015-2019 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

​最近の記事

December 6, 2019

November 29, 2019

November 27, 2019

November 15, 2019

November 8, 2019

Please reload

​記事タグで読む

Please reload

タロット占い師ジョン(犬)に会いにゆく

April 12, 2015

ジョン(犬)さんは人間である。念のため。

歌手であり、タロット占い師でもある。

名前に(犬)とついているのは、歌うときに犬の着ぐるみを着用するから。

 

松本の半杓亭さんでジョンさんに占ってもらえると知り、先月申し込んでおいたのだ。

 

退職してからのプランは立てたものの、ほんとにこれでいいんだろうか…と

不安に思っていたので、気晴らしに占ってもらうことにした。

時間制限は20分ということだったので、

当日しどろもどろにならないよう、聞いてみたいことを書き出しておいた。

今回はその占い結果をメモしておこうと思う。

 

実際に聞いてみたことは、

・6月で退職するが、この先フリーでやっていって大丈夫か(どこかに勤めたほうが無難?)

・今の職場とは縁を切るべきかどうか

・興味のある集まりがあるが、そことどう関わるのがいいか

以上3点。

 

結果は、

・フリーランスが向いているので計画を実行してOK。ただし、はじめは副業をもつこと

・不満があったとしても、職場とはゆるく関係を保つのが吉

・集まりは第3者としてのぞくぐらいの気軽な関係がいい

ということだった。

 

結果に付随して、

本来一匹狼的性質なのに、焦って組織に属してしまうことで空回りしてしまっている。

上下関係の生じる集まりは向かない。

あれこれクソまじめに考えすぎ。

 

ということも言われた。

すごいなと思ったのが、前情報なしで職場の人の性格とか職種をさらっと当てられたこと。

タロットカードの力なのか、ジョンさんの観察眼が優れているからなのかは

判然としないけれど。

 

占いの結果については、ジョンさんいわく「カードを読んでいるだけ」だそう。

占い結果がすべて当たる!とは思わないけれど、

自分で考えた目標達成までの道筋を、「これでいいかな?」と第3者に相談して、

「いいんじゃない?やってみなよ」と背中を押してもらえるのはためになるんじゃないか。

知っている人だと、つい「こう言われるだろうな」と考えて相談できないこともあるので、

何も知らない占い師に相談してみるのも、案外いいものです。

 

はじめてタロット占いをしてもらって、そんなことを考えた。

記事タグ

Please reload