検索

修理録(137)


オーバル型のお皿をお直ししました。

修理前。4片に割れて、破片が残っていない部分もありました。

修理後。

継ぎ目の線が太くなっている部分は錆漆(さびうるし)という粘土状の素材で埋めています。

仕上がったばかりの時点では白銀色ですが、次第に酸化して落ち着いた色になっていきます。経年変化によっって、より一層器になじんでいきそうです。

#修理録 #割れ修理 #銀仕上げ

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram