検索

修理録(38)


割れてしまった杯を金継ぎしました。もともと金彩がほどこされているため、金仕上げがしっくりと馴染みました。金粉は丸粉(まるふん)を使っています。

底には大小2ヶ所の欠けができていました。

下の写真は丸粉を磨く前。光沢はなく、黄土色をしています。蒔いた後に漆を塗って固め、磨いて仕上げます。

こちらが丸粉。やわらかい毛の筆を使って、慎重に蒔いていきます。

こうして見ると土のようですが、研いで磨くと金属らしい光沢が出ます。仕上げの楽しい工程。

#割れ修理 #金仕上げ #修理録 #金継ぎの道具

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram