検索

修理録(11)


2月にお預かりした旺祥寺(おうしょうじ)焼きのお抹茶碗です。割れと欠けの欠損がありました。モスグリーンのような色合いで、金・銀どちらでも合いそうでしたが、今回は金で仕上げています。金を施すと、ぐっと華やかな印象に。

もともと、「金継ぎ」はお茶の世界で親しまれてきました。漆で継ぎ、金で化粧をした傷跡を「景色」と呼び、愛でてきたのです。これからも大切に受け継ぎたい文化です。

偶然生まれたラインが、金継ぎすることで新たな「景色」になります。

#修理録 #金仕上げ #割れ修理

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram