検索

修理録(6)洋食器の金継ぎ


ご無沙汰しております。ひさ〜〜〜しぶりの日記になってしまいました、すみません。知人からは「生きてんの?」と訝られる始末でしたが、大丈夫です、日々修理をすすめております。

修理が終わったものは、お返しする前に記録として写真を撮らせていただいています。約3ヶ月の間にかなりの蓄えになったので、こちらで随時ご紹介していきます。(「お直しの例」のページでは先に掲載しておりますので、よかったらご覧くださいませ)

修理に入ってくる器は和食器がほとんどなのですが、春先に洋食器をお預かりしました。ご依頼主はそれぞれ別の方なのですが、不思議なことにウェッジウッドのカップが修理場にそろいました。

金継ぎは室町時代に日本で生まれた修理技法ですが、もちろん洋食器にも合います。特に今回のお品は金彩が施されていたので、より金がなじんでいます。もともと華やかなウェッジウッドのカップが、さらに華やぎますね。

こちらはティーカップ。「捨てようか」と悩んだそうですが、修理に出していただきました。

こちらはペアのコーヒーカップ。いただきもので、欠けてしまってからも大事に取ってあったそうです。またたくさん使っていただけますように!

しばらく修理録がつづきます。お付き合いください〜。

◎ご依頼をいただいている皆様、お待たせして大変申し訳ございません。仕上がり次第ご連絡差し上げます。今しばらくお時間をいただければと思います。

#修理録 #金仕上げ #欠け修理

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram