修理録(409)

古い印判皿2点を銀継ぎしました。


修理前。直径2cmほどの欠けができていました。

修理後。



2点目、修理前。

縁に2ヵ所5mmほどの欠けができていました。

修理後。



戦後間もない時期につくられたものだそうです。青と銀の組み合わせで凛とした雰囲気に仕上がりました。

年季の入ったお品なので、銀が経年変化で黒みがかると一層似合うと思います。末永くご愛用いただけますように。