修理録(393)

割れた時計の文字盤を金継ぎしました。


修理前。3つに割れた状態でした。

修理後。

マットな質感の金消粉(きんけしふん)を蒔いて仕上げました。


裏側。

時計文字盤の修理ははじめてでした。針の解体・組み立てに緊張しましたが、無事動いて安心しました。長くお使いいただけると嬉しいです。