修理録(380)

ウェッジウッドのマグカップ、持ち手部分が割れたものと縁が欠けたものをお直ししました。


修理前。持ち手が付け根から割れた状態でした。

修理後。

持ち手下部の付け根部分は和紙を巻いて補強しています。




こちらは縁が欠けたもの。



2つとも錫粉を巻いて仕上げました。

「フロレンティーン」シリーズのマグカップです。19世紀後半から使われてきた歴史あるパターン。ギリシャ神話の「グリフィン」をモチーフとしたデザインが目を引きます。金ではなく錫を使ったことで、重厚感のあるデザインを邪魔しない仕上がりになったと思います。末長くご愛用いただけますように!