修理録(372)

オークラのカップソーサー、幅1.5cmほどの欠けを金継ぎしました。


修理前。

修理後。

少しマットな質感の「金消粉(きんけしふん)」を蒔いて仕上げました。


青いローズの絵付けと金縁、金継ぎの跡の調和がよく取れたと思います。これからもお茶の時間にご愛用いただけましたらうれしいです。