修理録(256)

お湯呑みの割れとヒビ、欠けをお直ししました。


修理前。2片に小さく割れ、そこから8cmほどのヒビが伸びていました。

修理後。

割れとヒビには錫粉を蒔き、小さい2ヵ所の欠けは目立たないよう黒い漆を塗って仕上げました。

お持ち込みいただいた折に仕上げの金属粉を銀にするか錫にするかで悩まれましたが、錫の落ち着いた光沢を気に入られオーダーいただきました。色を選ぶ時間も楽しいものですね。錫は磨くことでもっと明るい色になりますが、今回はあえてそのままに渋いトーンで仕上げました。長くお使いいただけますように!