修理録(226)


ティーカップの持ち手を金継ぎしました。


修理前。持ち手が割れて外れた状態でした。

修理後。

持ち手は負荷がかかるため、接着後に和紙を麦漆(むぎうるし:水で練った小麦粉と漆を混ぜたもの)で貼り付け補強しています。

リチャードジノリのティーカップ、これからも長くご愛用いただけますように。

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram