修理録(218)

平皿の欠けを金継ぎしました。


修理前。幅3cmほどの欠けができていました。

修理後。

スリップウェアの作品を多く手掛けられている芦澤和洋さんの器です。いろんなお料理が映えそうですね。金継ぎの跡もしっくりとなじみました。持ち主の方が大好きな作家さんだそうで、これからも長くお使いいただければうれしいです。