修理録(217)

カップの欠けを銀継ぎしました。


修理前。幅1.5cmほどの欠けができていました。

修理後。

側面から見ると少しだけ銀がのぞきます。

ご家族との思い出のお品だそう。素朴で、しっくりと手になじむ造形です。経年によって銀の色が渋くなると、さらに風合いが増しそうです。長くご愛用いただけますように。

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram