検索

修理録(207)

面取りされたカップの欠けを金継ぎしました。


修理前。側面に直径1cmほどの欠けができていました。

修理後。


真上から見ると少しだけ金がのぞきます。

角田淳(つのだ じゅん)さんの作品です。作られる器は磁器ですが、灰釉の白が温かみを感じさせます。角田さんの器を実際に目にしたのは初めてて、「これが磁器…?!」と驚きました。磁器の丈夫さと陶器のようなやさしい表情を兼ね備えた器です。灰釉の色に合うよう、少しマットな「金消粉(きんけしふん)」を使って仕上げました。これからもご愛用いただけますように。

長野|金継ぎ|陶磁器の修理|器のお直しカミカワ

Copyright (C) 2015-2020 azusa kamikawa. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram