修理録(191)

飯碗の欠けをお直ししました。


修理前。幅8mmほどの欠けができていました。

修理後。

素地が見えている欠けを囲むように釉薬が削ぎ落ちていたため、漆を塗った部分は幅1cmほどになりました。

真上からの角度でも、ちらりと漆の赤がのぞきます。ぽちっとした赤がほどよいワンポイントになりました。ピンク色の刷毛目とも相性がよかったです。

お持ち込みいただいた日、赤い漆仕上げか金仕上げかじっくり選ばれていらっしゃいました。漆仕上げ、大正解でしたね。これからもご愛用いただけますように!