修理録(177)

砥部焼の蕎麦猪口をお直ししました。

修理前は4片に割れた状態でした。


修理後。

染付の色に近い青の漆を塗って仕上げました。

江戸時代から日用品として親しまれてきた砥部焼、気兼ねなく使える漆のみの仕上げがよく合います。

漆は時間がたつにつれ色が明るく発色し、透明感が増していきます。そんな変化も楽しんみながらお使いいただければうれしいです。